2018年12月12日水曜日

第6回港北区キッズサッカー大会 活動報告


 12月8日()駒林小学校にて第6回港北区キッズサッカー大会が開催されました。横浜北YMCAからは年長さん8名が大会に参加しました。

しっかりと整列できるかな?
 YMCAのお友だちは目標であった「どんな時でも全力でプレーをしよう」ということをみんなプレーで表現してくれたと思います。ボールを奪われたら奪い返しに行ったり、ボールがコートの外から出てしまいそうな場面でも全力で走って追いかけることができました。




 最初の試合と最後の試合ではみんなの動きが全然違いましたね!みんな1日でサッカーが上手になったんじゃないかな?

これからも楽しくサッカーをやっていきましょう!

みんな頑張ったね!

 保護者の皆様、本日は選手たちへの温かい応援をありがとうございました。皆様の応援により選手たちはのびのびとサッカーができました。これからも選手たちへのサポートをよろしくお願いいたします。

なお横浜北YMCAサッカークラスでは随時無料体験を実施しています。ご質問等がございましたらお気軽にサッカー担当の内田までご連絡ください。


    横浜北YMCA 内田 暁也

2018年12月10日月曜日

ょうせん ょうりょく みなでクッキング!

アウトドアクラブ月12活動 クリスマスパーティー ~野外活動~

2018年12月9日(日)藤沢市少年の森にて、ダッチオーブンでチキンの丸焼きとポトフを作り、クリスマスパーティーを行いました。最近暖かい日が続く中、冷え込みの厳しい日でしたが、子どもたちは、「え?今12月だよ?」というような格好の子もいたり、元気いっぱいに野外炊事を行いました。
あったか~い



小3に教わる中学生 笑
今年は野外炊事をたくさんおこなってきたため、火おこしや調理のスピードが上がり、下準備もあっという間♪
火が消えないように!

まだかな~



チキンを焼き、待っている間は、アスレチックでおもいっきり遊びました!
寒さなんか関係ない♪

二人で息を合わせないとできないらしい。。。

アーアア~♪

ヒ~

チキンがこんがりジューシーに焼けると、子どもたちの目の色が⁉
リーダーが取り分けている周りで「早く食べたい!」とリーダーたちを焦らせるような
目線を送り続ける子どもたち。やっぱりダッチオーブンで焼くチキンはうまい‼
いい感じにこんがり♪

体を温めてくれたポトフ



 今月から年長さんの体験が可能で、下は年長さんから、久しぶりに来てくれた中学2
年、3年生のお兄さんまでが参加してくれました。ちりとりを年長さんがほうきを中3のお兄さんが一緒になって掃除している様子は、アウトドアクラブの異世代交流の醍醐味だなとほほえましく思います。これからもプログラム以外の場面でも子どもたち同志の交流が子どもたちの成長につながればなと感じる活動でした。
中3と年長さん

最後のプレゼントタイム♪ にやけが止まらない


保護者の皆様には、今年が無事に終われた事をこの場を借りてお礼申し上げます。2018年が終わり、2019年もパワフルに活動していきます!どうぞよろしくお願いいたします!
ぜひ、よいお年をお迎えください!

アウトドアクラブ
田北 孝紀

2018年12月6日木曜日

サッカークラブU-10 活動報告

22回港北区民サッカー大会が行われました。

試合結果

113日(土)
     エストレーラFC-A 0-4 ×
1110日(土)
     太尾SC-C 1-3 ×
1118日(日)
     篠原つばめSC-A 1-0 〇 ④駒林SC-A 0-4 ×
1124日(土)
     大豆戸SC-A 1-3 × ⑤ 横浜SCつばさ-B 0-3 ×







「何のために」アップをしているのかを子どもたち自身が理解し始めて、少しずつ雰囲気も変わってきた様子でした!試合でいいプレーをするためにはいい準備を!ぜひ続けていきましょう!!




メリハリが少しずつできるようになってきたので、チームとして個人としていいプレーができたのではないかと思います。











今回のテーマであった「相手のサイドでボールを奪う」ために「誰が、いつボールに寄せるのか」を子どもたち自身が理解をしたからこそボールを奪う回数が増えてきましたね。
実力が上の相手に対して、あそこまでできたのは自信にもなったはずです!守備はこれをベースにならないといけません。ぜひ、これからも続けていきましょう!

今大会は「相手のサイドでボールを奪う」をテーマに設定しました。そのために「誰が、どこでボールに寄せるのか」を普段の練習から意識付けをしていきました。残念ながら選手たちの、望んだ結果は得られなかったかもしれません。ですが、実力が上の相手に対して「狙った場所でボールを奪う」「粘り強く身体を張ってゴールを守る」ことが増えてきたことは成長の証だと思います。
少しずつ「個でボールを奪う」ことはできてきました。これからは、「個でボールを奪う」ことを継続しつつ、次のステップとして奪った後の攻撃のために「ドリブルで運ぶ技術の向上」に努めていきたいと思います。
サッカー以外の部分では、「メリハリ」がチームの中で少しずつできるようになってきたと思います。
「聞くときは聞く」「やるときはやる」これは当たり前のことであるということはみんな分かっていると思います。ですが、その当たり前を普通のようにできるようになるのは簡単そうで実は難しいことです。その当たり前が出来てきたことは成長です。
みんなで“当たり前ができるチーム”になりましょう!!

今大会の幹事をしてくださった横浜SCつばさ様や対戦してくださったチームの皆さまありがとうございました。また、今後ともご交流の方よろしくお願いいたします。

なお横浜北YMCAサッカークラブでは随時無料体験を実施しています。
ご質問等がございましたらお気軽にサッカー担当の内田までご連絡ください。
https://www.yokohamaymca.org/event/bc_2018_child_soccer/

横浜北YMCAサッカーリーダー 池田 竜馬
横浜北YMCA 内田 暁也

2018年12月4日火曜日

1・2年生YMCAカップ活動報告

 12月2日(日)小港南公園にてYMCAカップ1・2年生の部が開催されました。横浜北YMCAからは1・2年生合わせて18名のお友だちが参加してくれました!
 6人制の大会で18名の参加ということで、今大会は3チームで出場しました。交代がないということもあり、選手たちは全員フル出場!チームのみんなと協力しあいながらプレーをしていきましょう♪



 大会は2グループのリーグ戦を行い、予選の順位によって順位決定戦が行われます。全員が1年生のチームは残念ながら予選5位で終わってしまいましたが、2年生が中心のAチームとBチームが予選を1位で通過し、決勝戦に進出しました!
決勝戦は北Yダービー!両チームとも絶対に勝ちたいという思いが伝わってくるプレーをいくつもしてくれていたのが印象的でした。
両チームとも全力でプレーし、2-1で横浜北YMCABチームが勝利しました!



準優勝!
優勝!
 優勝・準優勝という結果もリーダーたちは嬉しかったですが、何よりうれしかったのはみんながどんな時でもあきらめることなく全力でプレーしようとしていたことです。得点を入れられても、すぐにボールをセンターサークルに持っていき早く試合を再開できるようにしたり、ボールがコートから出てしまいそうな場面でも、止まってしまうことなく最後まで全力で追いかける姿が何度も見ることができました!
サッカーが上手になるためにとても大切ことだと思います。これからも続けていきましょう。


 最後に、選手たちがのびのびと、そして一生懸命プレーできたのは保護者の皆様の温かい応援があってこそだと思います。これからも今大会のように選手たちへの温かいご声援をよろしくお願いします!ありがとうございました!



 なお横浜北YMCAサッカークラスでは随時無料体験を実施しています。ご質問等がございましたらお気軽にサッカー担当の内田までご連絡ください。

    横浜北YMCA 内田 暁也

2018年12月3日月曜日

サッカークラブU-12 活動報告


1117()23(金祝)


結果

s大豆戸FCB 0-0 △

s駒林SCA 1-3 ●



今回のブログは17日(土)の大豆戸FC戦と、23日(金祝)の駒林SC戦をまとめてお書きします。





















 2日間ともに満足するような結果にはなりませんでしたが、内容としては出来なかったことが、徐々にできるようになってきました!
 今大会のまとめですが、守備が非常に良くなりました!練習のところでは前向きで守備をして、ボールを奪ってからは素早くゴールまで行くことを練習してきました。前線の選手はできるだけ相手のコートでプレッシャーをかけ、DFラインは背後を取られないポジションから足元にパスを出させてボールを奪うことができました。味方と協力をしてチームでボールを奪うことができました!ただ、よくあったのがインターセプトは狙えていたものの、大きく蹴ってしまい相手にボールをとられることがありました。どれだけ良い守備をしようが攻撃につなげることが出来なければ、また守備をすることになります。なので今後は良い守備から攻めにつなげられるようにできるといいですね!
 攻撃はサイドを起点とした攻めをよくしていましたが、相手がサイドに寄った時に中央の選手を経由して逆サイドから攻めることができてきましたね。中央を使うタイミングも相手が「いつ、どこで」守備しているのかを観て判断してパスを繋ごうとしていました。あとはボール保持者がより細かい所(味方がパスを要求している方向や、相手がどの方向から寄せてきているのか)を観れるようになれるといいでしょう。それはオフザボールの選手も一緒です!試合は常に状況が変わります。だからこそオフザボールの選手もたくさん周りを観れるようにしていきましょう!
 最後に、選手たちは課題に対して練習や練習試合から一生懸命取り組んできました。一戦を除いては課題を見事にクリアすることができています。結果だけをみて判断してしまうのではなく、前よりも「何が」できるようになったのかに目を向けましょう!技術を習得するのには少しずつの積み上げが必要です。だから前までの自分よりも良くなっているのであれば成長できています!最後の大会まであと約一ヶ月です。この短い期間で今よりもさらに好いチームを作りあげていきましょう!!


なお横浜北YMCAサッカークラブでは随時無料体験を実施しています。
ご質問等がございましたらお気軽にサッカー担当の内田までご連絡ください。
https://www.yokohamaymca.org/event/bc_2018_child_soccer/
横浜北YMCAサッカーリーダー 村田 浩
横浜北YMCA 内田 暁也